びっくり外為FX投資ノウハウ研究会 株式投資情報 4月5日

4月5日(水曜日)の株式投資情報です。(11時28分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【チャートで見る株価】ファンデリーは上場来高値の後の過熱感が後退、再び最高益を映す展開を期待
■移動平均からの「乖離」が縮小しテクニカル的にも動きやすく 栄養士による健康食宅配などのファンデリー<3137>(東マ)は5日の前場、1398円(20円高)まで上げて反発基調となっている。3月27日に上場来の高値1738円に進み、その後は調整基調となっていたが、この一両日は「25日移動平均」の水準まで調整が進み、移動平均からの「乖離」(かいり、過熱感の指標)が縮小。再び最高益更新の好業績を映し出す展開が期待されている。 同社は、食事コントロールに気をつかう人々のために管理栄養..

【注目銘柄】不二越は17年11月期大幅増益で通期予想に増額余地
 不二越<6474>(東1)に注目したい。機械工具、ベアリング、油圧機器、産業用ロボット、工作機械などを展開している。4月4日発表した17年11月期第1四半期の連結業績は大幅増益だった。そして通期予想に増額余地がありそうだ。株価は年初来高値圏から一旦反落したが、自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年11月期第1四半期(12月〜2月)の連結業績は、売上高が前年同期比5.1%増の546億65百万円となり、営業利益が同10.4%増の37億36百万円、..

【話題】夢展望が4日連続ストップ高、RIZAPグループ巡る思惑衰えず
■ぱど、ジーンズメイトに続く資本提携になり連携や協業に注目集まる ネット・モバイル通販などの夢展望<3185>(東マ)は5日も急伸し、10時にかけて4日連続ストップ高の1050円(300円高)となった。引き続き、個別指導トレーニングジムのRIZAP(ライザップ)グループ<2928>(札幌A)が30日の夕方、夢展望の普通株式を発行済み株式総数の5.0%に当たる26万5200株買い付けると発表したことが材料視されている。 RIZAPグループは、2017年2月にジーンズメイト<74..

串カツ田中はストップ高、月次動向が好調で出来高も増勢
■既存店の売上高が前年同期比5.7%増加して2カ月連続増加 串カツ田中<3547>(東マ)は5日、朝方に一時ストップ高の6900円(1000円高)まで上げ、10時を過ぎても8%高の6400円(500円高)前後で推移。出来高も増勢となっている。4日の取引終了後に3月の月次動向(月次報告)を発表し、既存店の売上高が前年同期比5.7%増加して2カ月連続増加したことなどが好感されている。 全店ベースの売上高は、店舗数が前年同期から36店舗増加したこともあるが、前年同期比52.7%の増..

クレスコ「根元浩幸社長にインタビュー」(動画)
クレスコ<4674>(東1)(株)クレスコ「社長インタビュー 2016」『CRESCO Ambition 2020』 クレスコ<4674>(東1)は2016年4月から、新ビジョン『CRESCO Ambition 2020』をスタート。代表取締役社長 執行役員 根元 浩幸氏が、新ビジョンについて説明。(2016年6月収録)IR-Solution>>クレスコのMedia−IR企業情報

ALSOKがロシアでの地下鉄テロや事業譲受など好感し戻り高値
■業績は最高益を連続更新する見込み ALSOK(綜合警備保障)<2331>(東1)は5日、3日続伸の始まりとなり、取引開始後に4575円(175円高)まで上げて戻り高値を更新した。東武鉄道<9001>(東1)グループでセキュリティ事業を行う東武デリバリー(東京都足立区)から現金輸送事業などを譲受すると4日付で発表。好感されている。 業績は最高益を連続更新する見込み。加えて、中期的には東京五輪に向けた需要拡大が見込めるほか、目先的にはロシアで発生した地下鉄テロを受けて特需に期待..

パイプドHDの2017年4月3日開催・機関投資家・アナリスト向け決算説明会(動画)
パイプドHD<3919>(東1)アナリスト向け決算説明会(2017年4月3日開催) パイプドHD<3919>(東1)の代表取締役社長グループCEO佐谷宣昭よる、中期経営計画2017の総括や中期経営計画2020の目論見について説明。■説明会資料 アナリスト向け決算説明会資料PDF(2.1MB)IR-Solution>>パイプドHDのMedia−IR企業情報

日清オイリオグループは連日高値、「値上げできる実力」など好感
■■証券会社が新たに投資判断開始と伝えられる 日清オイリオグループ<2602>(東1)は5日、取引開始後に675円(27円高)をつけ、年初来の高値を連日更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規二位注目を開始と伝えられたほか、オリーブ油の販売価格を産地での不作などを要因に4月から約10%値上げするなど、「値上げできる実力」(市場関係者)が好感されている。 為替の円安は業績にとって逆風になる銘柄とされるが、このところの円相場は米トランプ大統領が貿易不均衡に神経を尖らせて..

日経平均は90円高で始まり円安への転換など好感
 5日(水)朝の東京株式市場は、米国2月の貿易統計で対日赤字が減少したことなどから円安基調が舞い戻り、日経平均は反発の90円45銭高(1万8900円70銭)で始まった。

【編集長の視点】ラ・アトレは続落もV字回復業績を手掛かりにディフェンシブ系の超割安株買いが再燃余地
 ラ・アトレ<8885>(JQG)は、前日4日に28円安の586円と続落して引けたが、上昇転換した25日移動平均線水準を前に下げ渋った。海外株安や円高進行を嫌って全般相場の先行き不透明化が強まるなか、同社株にも目先の利益を確定する売り物が増勢となったが、下値では、今2017年12月期業績が、大きく増益転換予想にあることを手掛かりにディフェンシブ関連の超割安株買いも交錯した。今年2月に収益を多様化する宿泊施設「LAホテル京都」(京都市南区)をオープンさせたことも、お花見シーズン..

【新規上場(IPO)銘柄】ユーザーローカルは人工知能(AI)関連で高人気、目先は需給重視の展開を予想
 ユーザーローカル<3984>(東マ)は、3月30日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、大量のデジタル情報(ビッグデータ)を収集し、データ解析するためのプラットフォームの提供を主事業としている。特に、企業のデジタルマーケティングデータとSNS上の大量データの分析により、企業の経営やマーケティングの意思決定を支援している。近年では、人工知能(AI)を使い、より高速かつ 高精度な分析、データ活用ができるようにシステム強化を推進している。 総合アクセス解析ツール「User ..

ジェイテックは技術者派遣の需要高水準で17年3月期大幅増益予想、18年3月期も収益拡大期待
 ジェイテック<2479>(JQ)は、技術者派遣の「技術商社」を標榜して、技術職知財リース事業を展開している。3月31日には「優良派遣事業者」の認定を受けたと発表している。需要が高水準に推移して17年3月期大幅増益予想であり、18年3月期も収益拡大が期待される。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。■技術者派遣の「技術職知財リース事業」が主力 製造業の開発・設計部門に技術者を派遣する「技術職知財リース事業」を主力としている。専門教育による知識を基盤として新たな付加価値..

翻訳センターは17年3月期大幅増益予想で18年3月期も収益拡大基調
 翻訳センター<2483>(JQ)は専門性の高い翻訳サービスが主力の日本最大規模の言語サービス会社である。通訳や国際会議運営なども展開している。17年3月期は翻訳事業が好調に推移し、コンベンション事業における大型国際会議運営も寄与して大幅増益予想である。3回目の増額余地がありそうだ。そして18年3月期も収益拡大基調が期待される。株価は戻り一服でモミ合い展開だが、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。■企業向け翻訳サービスを主力として通訳や国際会議運営なども展開 特許・医..

ワークマンは17年3月期最高益更新予想、18年3月期も収益拡大基調
 ワークマン<7564>(JQ)はワーキングウェア・作業用品専門店チェーンをFC中心に全国展開している。17年3月期最高益更新予想であり、18年3月期も既存店の好調、新規出店、PB商品売上構成比上昇による粗利益率上昇などで収益拡大基調が予想される。株価は戻りの鈍い展開だが、好業績を再評価し、ボックスレンジ下限から出直り展開が期待される。なお4月28日に17年3月期決算発表を予定している。■ワーキングウェア・作業用品の専門店チェーンを全国展開 ワーキングウェアや作業用品などの大..

第一実業は17年3月期2桁営業増益予想で再増額余地、18年3月期も収益拡大期待
 第一実業<8059>(東1)は産業機械を主力とする機械の総合商社である。17年3月期2桁増収・営業増益予想で再増額余地がありそうだ。そして18年3月期も収益拡大が期待される。株価は96年来の高値水準から一旦反落したが、自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。なお5月11日に17年3月期決算発表を予定している。■産業機械を主力とする機械の総合商社 各種産業機械を主力とする機械の総合商社である。海外は米州、中国、東南アジア・インド、欧州など世界18カ国36..

エスプールは16年10月高値に接近、17年11月期第1四半期大幅増益で上値試す
 エスプール<2471>(JQ)はロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。4月4日発表した17年11月期第1四半期連結業績は大幅増収増益だった。主力事業が好調に推移して通期も2桁営業増益・大幅増配予想である。株価は16年10月高値に接近してきた。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。■ロジスティクス、障がい者雇用支援、コールセンターなど人材サービス事業 ビジネスソリューション事業(ロ..

【新規上場(IPO)銘柄】オークネットはライブオークション接続開始に期待感高まる
 オークネット<3964>(東1)は、3月29日に東京証券取引所第一部に上場した。同社は1985年から、オークションビジネスを始めとした情報による事業者間取引を支援している。世界初の中古車TVオークションからその事業をスタートして以来、レーザーディスク、衛星通信、インターネットとつねに先端のメディアを活用したオークションで、新しい情報流通サービスを提供。現在では、中古バイク、切り花、ブランド品、中古PCオークションなど幅広い分野へとサービスの領域を拡げている。 四輪事業では、..

【新規上場(IPO)銘柄】NO.1はオフィスコンサルタント事業を展開、上場を機に業容拡大に弾みつく
 NO.1<3562>(JQS)は、3月28日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社はオフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開している。オフィス環境・業務効率・経営環境をトータルでサポート。ワンストップで対応し、顧客の手間、間接経費、納期の大幅削減を可能にしている。オフィスコンサルタント事業では、OA関連商品販売(MFP、ビジネスフォン)、情報セキュリティ販売(UTM、サーバー)、経営支援サービス(Web・販促品販売、役務業務のソリューションサービス)を行..

【6月期決算の有配企業一覧 その3】配当利回り(4月4日現在)
三ツ知<3439>(J) 配当45円 配当利回り2.90%自重堂<3597>(東2) 配当50円 配当利回り3.52%アイスタイル<3660>(東マ) 配当0.5円 配当利回り0.05%ブロードバンドタワー<3776>(J) 配当2円 配当利回り0.79%アバント<3836>(J) 配当11円 配当利回り1.22%アイ・ピー・エス<4335>(J) 配当2.5円 配当利回り0.55%構造計画研究所<4748>(J) 配当60円 配当利回り2.86%テー・オー・ダブリュー<47..

ナガイレーベンの第2四半期は主力のヘルスケアウェアの更新物件の確実な受注もあり過去最高の売上
■売上高総利益率は前年同期比1.9ポイントのアップ ナガイレーベン<7447>(東1)の今期17年8月期第2四半期は、主力のヘルスケアウェアの更新物件の確実な受注と新規物件の獲得及び患者ウェアの好調な推移により過去最高の売上となった。売上高総利益率は、高付加価値商品の販売推進、国内生産から海外生産へのシフト化および為替予約による為替変動の平準化により、前年同期比1.9ポイントアップの47.6%と利益率の改善が進んだことにより、2ケタの増益となった。 第2四半期連結業績は、売上..

エスプールの今17年11月期第1四半期は2ケタ増収大幅増益で黒字スタート
■人材ソリューション事業、ビジネスソリューション事業共に順調に推移 エスプール<2471>(JQS)の今17年11月期第1四半期は、2ケタ増収大幅増益で黒字スタートとなった。 今期第1四半期は、売上高24億57百万円(前年同期比20.5%増)、営業利益46百万円(前年同期01百万円)、経常利益45百万円(同△0百万円)、純利益33百万円(同△08百万円)であった。 売上高については、人材ソリューション事業、ビジネスソリューション事業共に順調に推移したことから2ケタ増収となった..

農業総合研究所はトムソン・ロイターの株式部門IPO Issuer of the Yearを受賞
■農家の成長余地を生み出し、可能性を広げた 農業総合研究所<3541>(東マ)は、この度トムソン・ロイターの株式部門IPO Issuer of the Yearを受賞した。 トムソン・ロイター・マーケッツの「DealWatch」は、2016年度に国内資本市場で債券や株式を発行した優秀な発行体、海外でオファリングをおこなった日本の発行体及び案件を運営した引受証券会社を称える賞「DealWatch AWARDS2016」を発表した。 DealWatch AWARDSは、日本関連の..

【銘柄フラッシュ】石川製作所などの防衛関連株が活況高となり西松屋チェーンほか好決算銘柄も高い
 4日は、日経平均が14時にかけて一時279円60銭安(1万8703円63銭)まで下押し、東証マザーズ市場は上場237銘柄のなかで値上がりしている銘柄が7銘柄にとどまる場面があったが、しまむら<8227>(東1)は3日発表した2月決算と今期見通しが好感されて2.4%高、西松屋チェーン<7545>(東1)は14時過ぎに発表した2月決算と今期予想が好感されて4.2%高、地域新聞社<2164>(東マ)も3日発表の第2四半期決算が好感されて8.3%高など、好業績の銘柄は素直に強く逆行..

【株式市場】好業績株は強いが米貿易収支や北鮮情勢など気になり日経平均は一時279円安
◆日経平均の終値は1万8810円25銭(172円98銭安)、TOPIXは1504.54ポイント(12.49ポイント安)、出来高概算(東証1部)は22億6050万株■東証マザーズ237銘柄のなかで値上がり銘柄が7銘柄にとどまる場面も 4日後場の東京株式市場は、日本時間の今夜、米国の貿易収支や製造業受注が発表になるため、米トランプ大統領が再び貿易赤字に敏感になる懸念が言われ、北朝鮮を巡る地政学的懸念もあり、株価指数の先物主導で次第安となった。なかで、防衛関連株の石川製作所<620..

【投資に役立つ説明会資料】日本エンタープライズの2017年5月期第3四半期決算説明資料
日本エンタープライズ<4829>(東1) 日本エンタープライズ<4829>(東1)の今17年5月期第3四半期は、減収ながら、売上原価、販管費の削減効果もあり、営業・経常利益は共に大幅増益となった。営業利益率は6.1%と対前年同期比で2.3ポイント改善した。



びっくり外為FX投資ノウハウ研究会最新情報  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け